東村山福音自由教会 教会理念      

「みことばに生き、祈りと賛美に満ち、子どもからお年寄りまで

家庭的な交わりを形成し、キリストの愛に根ざして宣教する教会」

将来構想の6本の柱

1. 私たちは、みことば中心の教会を目指します!(みことば中心)

あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。(詩篇119:105)
みことばに聞き、みことばに従い、みことばを伝える。

2. 私たちは、祈りの群れを目指します!(祈りの群)
   
絶えず祈りなさい。(Tテサ5:17)
祈りをもって始め、祈りをもって進め、祈りをもって閉じる。

3. 私たちは、高らかに主を賛美する教会を目指します!(豊かな賛美)

ですから、私たちはキリストを通して、賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえるくちびるの果実を、神に絶えずささげようではありませんか。(ヘブ13:15)
様々な曲、様々な楽器を用いて、全身全霊をもって神様を賛美し、神の栄光を表す。

4. 私たちは、子どもたちを招く教会を目指します!(子供たちを招く)

しかしイエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。
「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。」(ルカ18:16)
子供たちを退けることなく、積極的にイエス様のもとに導く。一緒に礼拝する。

5. 私たちは、お年寄りを大切にする教会を目指します!(お年寄りを大事に)

あなたは白髪の老人の前では起立し、老人を敬い、またあなたの神を恐れなければならない。わたしは主である。(レビ19:32)
年配者たちへの愛の配慮を欠かさず、親切に敬う心をもって接し、具体的にそれを表す。

6. 私たちは、キリストの愛の交わりの中で宣教する教会を目指します!(交わりの中で宣教)

あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。(ヨハネ13:34-35)
兄弟姉妹を愛し、未信の方を愛することによって、宣教をなしていく。

09/04/26