東村山福音自由教会 ✞ Sunrise Chapel: 恵みが見えない
主が人の子らを、意味もなく、苦しめ悩ませることはない。(哀歌3:33)

最新情報

【What's New !?】
6/9 説教Ⅰテサロニケ4章13-17節「再臨の主にある望み」を更新
6/8 子育て「隠れた怒りに気をつけて!」を更新
6/7 説教マルコ9章30-37節「わたしの名のゆえに」を更新
6/2 説教Ⅰテサロニケ4章9-12節「愛と落ち着いた生活」を更新

2019/05/19

恵みが見えない



父は彼に言った。『子よ、おまえはいつも私と一緒にいる。私のものは全部おまえのものだ。(ルカ15:31 

 兄息子は怒っていました。弟は、父の財産を生前から求め、それをもらって家出をし、遊びまくって一文無しになった不良息子です。父から叱られ罰せられ、厳しい毎日を使用人として過ごすのなら納得もいく。しかし、父は弟の帰りをあまりにも手放しで喜び祝っているのです。自分は長年我慢して仕えて、遊びたい時も遊ばず、悪さもせずにやってきたのに・・・。そんな妬みから来る不満と怒りに支配されているのです。父親は弟ばかりを愛し、兄を愛さなかったのでしょうか。弟だけを心配し、兄を心配していないのでしょうか。兄の怒りのことばに対しての父の答えがこの31節です。「おまえはいつも私と一緒にいる」とあります。実に、これが最大の恵み、最大の幸せだったのです。弟はここからこぼれたので、必死に帰りを待つ父の姿がありました。一方で兄はここにいるのです。恵みの場にいるのです。しかし、恵みと愛がここにあっても気づかない、見えない盲目な兄です。父は彼をもとても心配しなだめています。私たちは恵みと愛の場にいながら、その恵みと愛が見えない盲目な者にならないようにと思います。目の前にあるのです。
(2019年5月19日 週報掲載)

教会へのメールはこちらから

名前

メール *

メッセージ *

Follow by Email