東村山福音自由教会 ✞ Sunrise Chapel
主が人の子らを、意味もなく、苦しめ悩ませることはない。(哀歌3:33)

最新情報

写真/動画ページにて、新作動画「教えてクリスマス!」が視聴できます!

2022/01/26

アモス6章8-14節「主の声に聞く者こそ、主の民」

 *** 1/19(水)祈祷会時の説教概略となります ***
※1/26(水)分は1/28(金)にアップ予定です。

アモス6章8-14節「主の声に聞く者こそ、主の民」

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とのことばがあります。
試練に直面している時は、必死に神様を仰ぎ見て、助けを求めます。しかし、試練を乗り越え、平安な日々が続くと、神様への感謝の心を失い、いつの間にか主の恵みを自分の努力にすり替えます。口先では「神様のおかげです」と言いながらも、心のどこかで自分たち自身を誇り始めるのです。

2022/01/24

民数記6章22-27節「神の祝福を受けて生きる」

*** 1/23(日)主日礼拝 説教概略 ***

民数記622-27節「神の祝福を受けて生きる」

 牧師になり、どれぐらいたってからでしょうか。ある時から、礼拝最後の祝祷において、今日のみことばを祈るように致しました。何か大きな出来事があったというわけではありません。ただ、礼拝に集われる皆さんを、とにかくできうる限り祝福を祈って送り出したいとの願いからでした。

2022/01/22

1/23(日)主日礼拝 動画配信

2022年 1/23(日)主日礼拝のご案内です。

感染予防につとめながら、心からの礼拝をおささげします。

礼拝出席については、事前予約は不要ですが、感染予防にご協力ください。

1階(モニター)と2階(礼拝堂)に別れて距離を保ち、マスク着用で礼拝をささげています。

また、このような状況ですから、教会に来ることが難しい方のために礼拝動画のLIVE配信をしています(体調の悪い方には無理せずお休みいただいています。発熱等の感冒症状がある場合は、無理せずお休みください)。

 午前10時半より礼拝が始まります。祈りつつ備えましょう。
 礼拝動画を視聴される方は、以下より礼拝にご参加ください。
 LIVE配信後も動画は約24時間ほどは視聴できます。


【コロナ対応についてご協力ください】
・マスク着用、手洗い、消毒にご協力ください。
・換気を逐次行いますのでご理解をお願いいたします。
・賛美の時はマスク着用の上、やや控えめに発声いただければと思います。
・同一世帯の方は一緒に並んでお座りいただき、そうでない方はこちらの指示に従い席を空けてお座りくださいますようお願いします。
・発熱等の症状がある方、感染の疑いのある方はLIVE動画にて礼拝をおささげください。
・講壇にはアクリル板を設置しています。
・集会後は手すり、テーブル等の消毒を実施しています。

【祈りましょう】
・オミクロン株の流行が抑えられるように。治療薬の完成のため。
・皆さんの心、皆さんの信仰が守られるように。
・各自の生活が守られ、年末年始、充実した時間を過ごせるように。

☟下記より礼拝次第をご覧になれます。   

2022/01/19

子育て『ねばならない』からの解放

*** 1/18(火)ママ’sカフェ 講義概略 ***

『ねばならない』からの解放

 共通テストが行われた日、東京大学前で3人の学生がナイフで切りつけられる事件が起こりました。切りつけたのも受験生です。その動機については、医者を目指して東大合格のために頑張ってきたけれども、成績が思うように伸びず自信を無くして、人を殺してその罪を背負って切腹しようと考えていたとのこと。自暴自棄ということでしょうか。

 こうした出来事を通して、考えさせられます。

2022/01/18

マタイ16章15~19節 「キリストの教会」

 *** 1/16(日)主日礼拝 説教概略 ***

マタイ161519節 「キリストの教会」

 皆さん、毎日お疲れ様です。ここ最近、体調を崩す方が多くいらっしゃいます。また、新型コロナウイルス感染も急増しておりまして、皆さんも色々な部分でその影響を受けておられることと思います。うちの二男も学校のスキー教室の実行委員会で、準備を頑張ってきましたが、結局中止ということになりました。「今までの苦労は何だったのか」と少し肩を落としておりました。

 きっと、皆さんの歩みの中でも、多かれ少なかれそのような事があるのではないでしょうか。ただ、そういう中でも感謝なことに、私たちはこのような不条理を、交わりの中で分かち合うことができますともに歩む中での恵みがあります。一人で重荷を背負い込むには、厳しすぎる今の時代です。人の助けを借りることは悪いことではなく、むしろ人が活躍する機会、交わりの機会ともなり良いものでさえあるでしょう。

教会へのメールはこちらから

名前

メール *

メッセージ *