東村山福音自由教会 ✞ Sunrise Chapel: 聖書由来のことわざ「目からウロコが落ちる」
主が人の子らを、意味もなく、苦しめ悩ませることはない。(哀歌3:33)

最新情報

2020/02/21

聖書由来のことわざ「目からウロコが落ちる」


  目からウロコが落ちる  


意味:〔新約聖書使徒行伝九章から。略して「目からうろこ」とも〕
あることがきっかけとなって、迷いからさめたり、物事実態がわかるようになる。
(三省堂 大辞林 第三版より)


聖書に由来する格言、ことわざは意外に多いということ、ご存知でしょうか?
世界中で読まれてきたベストセラーですから、ある意味当然と言えるかも知れません。

普段日本人が何気なく使っていることわざも実は聖書から来ているものがあります。
少しでも聖書に親しんでいただくために、少しばかり紹介させていただこうと思います。

【 由来となった聖書個所 

するとただちに、サウロの目から鱗(うろこ)のような物が落ちて、目が見えるようになった。(使徒9:18) 


クリスチャンを見つけては暴力をふるい、捕え、迫害してきたサウロという人がいました。彼には彼なりの正義があって、それらを正しいことと思いこんでやってきたのです。
彼の心の目が開かられておらず、間違った正義感に支配されていたのです。

しかし、ダマスコという町に向かう途中、彼は天からの光を受け地面に倒れました。
天から声が聞こえました。
「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか。」

サウロが誰なのかたずねると・・・


「あなたが迫害しているイエスである」との声が聞こえました。


同時に彼は目が見えなくなり、手を引かれてダマスコの町まで来ました。
サウロは三日間、目が見えず飲食もできませんでした。ただ、苦しみと恐れの中で祈っていました。そこで神から遣わされたアナニヤという人物と出会います。

アナニヤは最初、サウロがどれほど自分の仲間を迫害してきたかを知っていたので、なぜ、神がそのような者を助け、宣教に用いようとるのか理解できませんでしたが、神の言うとおりにし、彼の目をいやすために、手を置いて神からのことばを伝えたのです。

すると、ただちに、サウロの目からウロコのような物が落ちました。

彼はその途端、目が見えるようになったのです。
彼の肉眼が見えるようになったと同時に、彼は心の目で神のみこころを見る者とされたのです。 

彼はその後、バプテスマを受け、イエスこそ神の子であると宣べ伝えるようになりました。彼はやがて「パウロ」という名で宣教の使命を全うしていく者となりました。


まだ聖書を知らない頃、「目からウロコが落ちる」ということわざは、どうして「ウロコ」なの??と疑問に思ったことがありました。

しかし、聖書から来たものであると後に知りました。
TVの「トリビアの泉」という番組で紹介されたので、この事は割とよく知られているかもしれません。


「初めての聖書」ページへ 戻 る 

教会へのメールはこちらから

名前

メール *

メッセージ *

Follow by Email