東村山福音自由教会 ✞ Sunrise Chapel: 神の国への関心
主が人の子らを、意味もなく、苦しめ悩ませることはない。(哀歌3:33)

最新情報

【What's New !?】
6/9 説教Ⅰテサロニケ4章13-17節「再臨の主にある望み」を更新
6/8 子育て「隠れた怒りに気をつけて!」を更新
6/7 説教マルコ9章30-37節「わたしの名のゆえに」を更新
6/2 説教Ⅰテサロニケ4章9-12節「愛と落ち着いた生活」を更新

2019/01/27

神の国への関心

イエスとともに食卓に着いていた客の一人はこれを聞いて、イエスに言った。「神の国で食事をする人は、なんと幸いなことでしょう。」(ルカ14:15) 

 神の国で食事ができる人は幸せだと誰もが想像するかも知れません。しかし、想像するだけ、あるいは願っているだけで、実際に神の国を熱心に求める人は多くありませんでした。神の子イエスが父から遣わされ、救いの道を説き明かし、神の国へと招いているのに、多くの人は自分の国、すなわち自分の利益に関係することしか興味がありませんでした。少しも緊急性のない自己都合を優先し、神の国とその義を切に求めることができなかったのです。私たちは何を問われているのでしょうか。現代人は忙しすぎると言えます。しかし、何に忙しすぎるのでしょうか。それらはどうしても必要なことでしょうか。今すぐしなければならない緊急性のあるものでしょうか。主イエスのたとえ話に出てくる3人の言い訳は、どれも緊急性がなく、自己愛に根ざしたものでありました。今すぐにでも求め、大切にすべきものは人の魂の救いのこと、神の国のことです。キリストを知らずして生涯を終えるなら、救いの道を提示することがもはやできないからです。永遠に残る神の国のためにあなたをささげませんか。

(2019年1月27日 週報掲載)

教会へのメールはこちらから

名前

メール *

メッセージ *

Follow by Email