聖書

すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。(マタイの福音書11章28節)

人気の投稿

2019/07/07

祭司の役目


 わたしは会見の天幕と祭壇を聖別する。またアロンとその子らを聖別して、彼らを祭司としてわたしに仕えさせる(出エジプト29:44

 出エジプト記2829章では、レビ族出身のアロンとその子らを祭司として仕えさせるための必要な備えが記されています。彼らが着るエポデには12部族の名が刻まれ、装着される胸当てには12の宝石(12部族を示す宝石)が埋め込まれています。この12の石はイスラエルの全12部族を現し、祭司が彼らを代表して神の前に出ていくことが意図されています。
 祭司は神に仕える者として、罪人の代表として立てられました
 聖い特別な人ということではなく、むしろ民の代表として罪の赦しを神に求めて祭儀を執り行い、民のためにとりなし(仲介し)、神のあわれみと助けを祈り求める存在なのです。それはこの民が「わたしが彼らの神、主であり、彼らのただ中に住むために、彼らをエジプトの地から導き出したことを知るようになる(46)ためです。つまり、祭司は人々を神に近づけるための仲介役として立てられるのです。そして天に仕える真の大祭司キリストが来られた時、罪はことごとく赦され、信じる者すべてが大祭司キリストを通して神との交わりの座に回復することができたのです。なんという恵みでしょう!
(2019年7月7日 週報掲載)

教会へのメールはこちらから

名前

メール *

メッセージ *

2019年度 クリスマスイベント ご案内

12月1日(日)  こどもクリスマス 12月8日(日)  ユースクリスマス会 12月10日(火) 女性クリスマス会 12月22日(日) クリスマス特別礼拝2019   子どもたちのクリスマス会、中高生・青年のユースクリスマス会の詳細はイベントページにもあ...