聖書

すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。(マタイの福音書11章28節)

人気の投稿

2019/10/27

信じるなら、主の栄光を見る!


そのとき、雲が会見の天幕をおおい、主の栄光が幕屋に満ちた。(出エジプト記40:34) 

 イスラエルの民は、神のご命令の通りに幕屋を建設しました。

自分たちの好むようにではなく、いい加減にでもなく、主がモーセに命じられた通りの材料で、語られた通りの構造に造りました。

そして、いよいよ完成したとき、このみことばにあるように「主の栄光」が幕屋に満ちたのです。

主の栄光がその場に満ち溢れたので、モーセさえその天幕に入ることができないほどでした。人間の栄光のためではなく、ただ主のおことば通りに聞き従い、主の栄光を求めてなした時に、このように主の栄光で幕屋が満ちたのです。

どんなに立派な幕屋を建てようとも、そこに神の臨在がなく、神の栄光が現れないものならば、何の意味もありません。

人の求める栄光はむなしくすぐに消え去ります。

「自分の栄光」ほどむなしく消え去るものはありません。

ソロモンは圧倒的な財力、比肩する者なき知恵があり、あらゆる快楽や事業に取り組みました。
しかし、贅沢の限りを尽くし自分の栄光を現わしたどり着いた結論は「神を離れては何をしてもむなしい」というものでした。

日本でも豊臣秀吉は、自分の栄光をひたすらに追い求め、農民から天下人にまで立身出世した人です。金銀財宝を得て、多くの家臣を得ました。しかし、彼の最後もまたむなしさに満ちていました。
自分の人生は朝露のように現れてはすぐに消えるむなしいものだった。まるで夢を見ていたようにはかない人生であったと、さみしさに満ちた歌を残して世を去りました。

しかし、神の栄光は人に幸福をもたらし約束の地へと導いてくれます。

そして、それは消え去ることのない永遠の輝きです。

イエス・キリストも言われました「信じるなら神の栄光を見る、とあなたに言ったではありませんか。」(ヨハ11:40)。

私たちは主イエスを信じて生きるならば、主の栄光を見させていただけます。みことばの通りに歩むときに、神の栄光が幕屋満ちたように、私たちもみことばに忠実に歩んで生きましょう。


私たちの歩みが主の栄光を現すものとなるよう切に願います。


あなたはどんな栄光を求め、どのような方法でその栄光へたどりつこうとしていますか。
 

教会へのメールはこちらから

名前

メール *

メッセージ *

2019年度 クリスマスイベント ご案内

12月1日(日)  こどもクリスマス 12月8日(日)  ユースクリスマス会 12月10日(火) 女性クリスマス会 12月22日(日) クリスマス特別礼拝2019   子どもたちのクリスマス会、中高生・青年のユースクリスマス会の詳細はイベントページにもあ...